ご案内

胡蝶蘭と共に暮らす日々から学ぶ肥料選び胡蝶蘭巡り

生長期に10日から2週間で液体肥料を


生長期に10日から2週間で液体肥料を水の代わりにやる方法があります。植の植え替え時などで、根から吸水が悪いときに肥料を葉面散布する方法も人気があります。一般的な家庭菜園などの養液栽培ではリンを使った場合は成分が過剰に含んで結果に出ていくこともあります。

植え替えや鉢増ししたときに元肥を与える方法が良く、鉢をいじっている時は行き届いた肥料管理ができて後から一鉢ずつ根元にやる手間が省けます。
植え替えなどをしないと判断した鉢も点検のついでに肥料をやれば後でやる必要がありません。


元肥について

胡蝶蘭の肥料は油粕が使われてましたが最近は粒状の化成肥料と液肥が主流です。
専門的には秋に肥料を使わない、春からの生長期から充実期そして開花期に窒素系、カリ系、リン酸系と別々に肥料を与えて、規定より薄くとか、言われてますが、気候や環境によるので中々上手くいきません。
とりあえず咲けば満足という方は難しく考える必要はないので、とりあえず液肥は繰り返し使ったり、化成肥料の置き肥を入れておくのが手軽です。

元肥について

油粕などは状況によって根が傷む場合もありますが、ランの場合、球根や苗を植えるときに元肥を入れてでは、春に植え替えて一か月後に置き肥にします。
万が一、濃い肥料が溶け出すといけないので緩効性肥料をごく少量から与えながら元肥として問題がないでしょう。


フラワーパーク花回廊での(らんまつり)

フラワーパーク花回廊での(らんまつり)が開かれ、春の陽気で包まれた温室ドームで約300株のコチョウランで埋め尽くされて全長15メートルの胡蝶蘭のトンネルがメインとなりました。

 

P1030819.JPG
毎年この季節に恒例の企画で、今年も白やピンクのコチョウラン、黄色のオンシジウムなどが華やかさを演出。温室内は20度前後と陽春の気温に保たれ、来園者の花見気分も盛り上がっている。
P1030828.JPG


花のイベント情報:世界らん展日本大賞はじまる

いちばん気になるのは、特別展示で假屋崎省吾さんの「都会の真中の楽園」


花の総合プロデューサーとして著名な華道家・假屋崎省吾さんによる展示。


今回のテーマ「都会の真中の楽園」に沿って、蘭をモチーフに既成の枠にとらわれない、大胆な作品を予定しています。

胡蝶蘭をみたいので、今から非常に楽しみですね。

--------------------------------------------------------------------------------

 


胡蝶蘭は寒さに弱い植物

胡蝶蘭の肥料の使い方

様々なお花がありますが、とても優雅な雰囲気のお花として、胡蝶蘭があります。
蝶に似た特徴的な花と、しっかりとした葉。
そのシンプルな全体の形が魅力的です。
毎年、全国でらん展が開催されるなど、胡蝶蘭愛好家が多いのも、胡蝶蘭が魅力的である事のしるしです。
胡蝶蘭は、らん展で数多くの愛好家の栽培したお花が飾られたりと、その会場は胡蝶蘭の様々な魅力を紹介しています。
胡蝶蘭は、一般に熱帯植物のため、寒さに弱い植物です。
そのため、四季のはっきりとした日本での栽培には初心者には少し難しく感じる場合があります。
しかし、胡蝶蘭については、ホームセンターや園芸店などで、胡蝶蘭用の肥料を購入する事が可能ですので、その肥料を上手に使う事で栽培が安定します。
肥料としては、水やりの際に混ぜる肥料、そして、一週間に一度だけ与える肥料、または、花着きを良くし、植え替え時の根の成長を促進する目的で、植え替え時に胡蝶蘭専用の土に混ぜる肥料。
とシンプルにポイントをおさえ、それを行う事だけです。
この様な肥料を上手に使いこなし、健康な状態を保ちましょう。

 


胡蝶蘭の魅力とその育て方。

胡蝶蘭の魅力とその育て方。

胡蝶蘭は魅力的な植木で、どのような魅力があるかといいますとまず雄大な感じがして、しかも高貴で豪華な感じがします。
ですから、開店祝いや、贈り物に最適だと思うのです。
ですから華やかさを彩るには重要だと思うのです。
しかしこうした大きな花だと育てるのが大変だと思うのですが、実際はどうなのでしょうか?
まず育てるのに重要なのが十分な水分が大切で、乾かないようにどんどんやっていくのが大切なのです。
また、温帯地域ですので、ある程度の暖かさも重要だと思うのです。
また、肥料にも最新の注意が必要で、例えば時期がありまして、液肥も数千倍に薄めたものがよくて、やる季節は夏場がよくて、秋や冬にはやる必要がないのです。
頬かにも水のやり方や、花の置き場などかなり注意して育てなければならないようですが、丹精をこめて育てればきっといい花が咲くことでしょう。
さあ、皆さんもしっかりと研究をして、魅力的な胡蝶蘭を育てていきましょう。

 


胡蝶蘭の肥料のあげ方

胡蝶蘭の肥料のあげ方

頂いた胡蝶蘭は大切に育てれば、何年も楽しむことができます。
どのような管理をすればいいのか、ここでは肥料のあげ方に絞って確認したいと思います。
まず、胡蝶蘭には春から秋にかけての成長期と、冬の休眠期があります。
この成長パターンに合わせ、肥料のあげ方も変わってきます。
冬の休眠期には肥料は要りません。
水も土の表面が乾いた頃を見計らって、7日?10日に一度たっぷりあげれば十分です。
春になると眠りから目覚め、栄養を要求します。
この時期になったら、まず、油かすと骨粉などが配合された固形肥料を土に混ぜましょう。
一般的には市販の肥料のマグァンプが定番です。
春に一度与えれば長期間に渡り効果が持続します。
さらに、春から秋にかけての成長期には、液肥を月に2?3度与えていきます。
こちらの定番肥料はハイポネックスです。
水に薄めて与えます。
なお、花の開花時期には肥料は与えなくてかまいません。
一番肥料を必要とするのは、冬眠から目覚め開花に向けて成長しているときです。

 


胡蝶蘭の肥料のやり方について

胡蝶蘭の肥料のやり方について

胡蝶蘭は、洋ランの一種で、見た目が豪華なので、肥料も特別なものが必要と思われがちです。
市場には胡蝶蘭や洋ラン専用の肥料も市販されていますが、大体、園芸用の一般的な肥料で大丈夫です。
肥料は固形のものと液体のものがありますが、どちらを使っても構いません。
固形肥料の場合は、7月初旬に1度置肥して、9月の末頃に置肥を取り除きましょう。
液体肥料の場合は、即効性があり、株や弱っている時などにも効果的です。
液体肥料は6月から9月の、胡蝶蘭が活性化している間に与えます。
やりすぎに注意をして、大体月に3?4回、週に1回程度、水やりの時に希釈して与えます。
希釈の濃度は、大体1500倍に薄めたものを与えます。
肥料もそうですが、その時期はしっかりと水をあげてください。
9月に入ってすぐくらいになったら、リン酸を多く含む肥料を一緒に与えると、翌年の花芽がしっかりと強いものがつきやすくなります。
10月になったら、液肥を与えるのをストップします。
固形肥料も同じですが、10月以降に肥料を与えると、根腐れを起こしたり、翌年に咲く花芽の成長に影響を及ぼすことがあります。
また、株自体が弱ってしまう原因にもなるので、注意しましょう。

 


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

カテゴリー

サイト内検索

相互リンクのご案内

求人情報のご案内