生長期に10日から2週間で液体肥料を


生長期に10日から2週間で液体肥料を水の代わりにやる方法があります。植の植え替え時などで、根から吸水が悪いときに肥料を葉面散布する方法も人気があります。一般的な家庭菜園などの養液栽培ではリンを使った場合は成分が過剰に含んで結果に出ていくこともあります。

植え替えや鉢増ししたときに元肥を与える方法が良く、鉢をいじっている時は行き届いた肥料管理ができて後から一鉢ずつ根元にやる手間が省けます。
植え替えなどをしないと判断した鉢も点検のついでに肥料をやれば後でやる必要がありません。

タグ :
スポンサーリンク

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

カテゴリー

サイト内検索

相互リンクのご案内

求人情報のご案内