胡蝶蘭の肥料のあげ方

胡蝶蘭の肥料のあげ方

頂いた胡蝶蘭は大切に育てれば、何年も楽しむことができます。
どのような管理をすればいいのか、ここでは肥料のあげ方に絞って確認したいと思います。
まず、胡蝶蘭には春から秋にかけての成長期と、冬の休眠期があります。
この成長パターンに合わせ、肥料のあげ方も変わってきます。
冬の休眠期には肥料は要りません。
水も土の表面が乾いた頃を見計らって、7日?10日に一度たっぷりあげれば十分です。
春になると眠りから目覚め、栄養を要求します。
この時期になったら、まず、油かすと骨粉などが配合された固形肥料を土に混ぜましょう。
一般的には市販の肥料のマグァンプが定番です。
春に一度与えれば長期間に渡り効果が持続します。
さらに、春から秋にかけての成長期には、液肥を月に2?3度与えていきます。
こちらの定番肥料はハイポネックスです。
水に薄めて与えます。
なお、花の開花時期には肥料は与えなくてかまいません。
一番肥料を必要とするのは、冬眠から目覚め開花に向けて成長しているときです。

 

タグ :
スポンサーリンク

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

カテゴリー

サイト内検索

相互リンクのご案内

求人情報のご案内