元肥について

胡蝶蘭の肥料は油粕が使われてましたが最近は粒状の化成肥料と液肥が主流です。
専門的には秋に肥料を使わない、春からの生長期から充実期そして開花期に窒素系、カリ系、リン酸系と別々に肥料を与えて、規定より薄くとか、言われてますが、気候や環境によるので中々上手くいきません。
とりあえず咲けば満足という方は難しく考える必要はないので、とりあえず液肥は繰り返し使ったり、化成肥料の置き肥を入れておくのが手軽です。

元肥について

油粕などは状況によって根が傷む場合もありますが、ランの場合、球根や苗を植えるときに元肥を入れてでは、春に植え替えて一か月後に置き肥にします。
万が一、濃い肥料が溶け出すといけないので緩効性肥料をごく少量から与えながら元肥として問題がないでしょう。

タグ :
スポンサーリンク

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

カテゴリー

サイト内検索

相互リンクのご案内

求人情報のご案内